社会人2年生(♀)のゆるいかも知れない日々。仕事・音楽・吹奏楽・読書・映画・ゲーム・料理・大河ドラマとかそのへん。たまに恋バナとか。嘘。


by kino-m-ss
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

小旅行・往路編4。

c0059660_658478.jpg

写真は七飯の辺りだったはず。
結局、長万部までの間は座席に恵まれず、デッキで読書に耽りました。
長万部での乗換が凄かった。凄まじかった。
停車してドアが開いた瞬間、男も女も、大人も子供も、兎に角老若男女問わず走り出す人々。
何事かと思って眺めていたら、みんなが向かう先は小樽行きの電車。
一両編成に通勤ラッシュと見紛うような人混み。
一方、私が乗るべき東室蘭行きの電車は二両。
とてもスカスカ。特に二両目は5人くらいしか人いなかったんじゃないだろうか。
悠々と座っているうちに、いつの間にか眠りに。
朝起きて以来の微睡み。
周囲の気配に目覚めると、まさにそこは降りるべき東室蘭。
ちょっと焦った。
更にその後、室蘭本線を乗り継ぎようやく苫小牧に着いたのが20時40分。
あー長旅。

駅に着くと、時間も時間だけに、ちょっとした不良やヤンキーっぽい人がちらほら。
こういうのに関わるとろくなことがないって知ってるので、よけて通り、待ち合わせへ。
本屋で待っていると、先程の偽ヤンキーの内の一人が、近づいてくる。
目、合わせないでおこう。
ピンクのタンクトップ、ジャラジャラしたネックレス、ターコイズ色のブレスレット、腰履きジーンズから覗く臍、濃いアイライン、毛先荒れ放題なムラのある茶髪。
彼女は真後ろを通った際に、こう言った。
「何してんの?」
改めて目を向けてやっと気がついた。
このヤンキー、見たことあるぞ。
そりゃそうだ。うちの妹だものorz

そんな感動の再会を果たし、両親とも合流し、本日は寿司屋。
くるくるしてるけどね。
体重維持は大変かも知れん。

途中まで作って、昨日寝ちゃった。
リアルタイム更新にお付き合い下さった皆様、ありがとう。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-08-15 06:58 | And love others.