社会人2年生(♀)のゆるいかも知れない日々。仕事・音楽・吹奏楽・読書・映画・ゲーム・料理・大河ドラマとかそのへん。たまに恋バナとか。嘘。


by kino-m-ss
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:I love movies.( 41 )

プチ悲劇。

荷造りの合間に、ビデオに撮ってあった『風林火山』第10回を見ようとした。
そんな昨日の夜。
再生を押す。変な音。あれ?
巻戻しを押してみる。変な音。あれ?
取り出そうとする。お、出てきた出てきた。手に取る。

びろーん。

ビデオテープの磁気部分?あの黒いのが絡まってました。激しく。
テープは100均だし、テレビっていうかテレビデオだし、まあ仕方ない。
本体の方は案外大丈夫そうなので一安心。

そんなわけで晴信の謀反っぷりをすっかり見逃しました。
でもまぁ、昨日の分は見れたし。よしとしよう。

急ですが明日から帰省します。免許とってきます。
[PR]
by kino-m-ss | 2007-03-19 21:17 | I love movies.

奇襲!海の口 第8回。

今週も観てました、大河ドラマ。
今日は田辺誠一が出てくるなぁ、と思って観てたんだけど、結局どこに出てきたのかわからなかった…無念。
勘助の軍師っぷりが発揮されてて、観てて気持ちよい前半でございました。
そして「うつけ」呼ばわりされながらも、どうやら家来たちには人気があるのかもしれない晴信。
彼もようやくやってくれましたね。父(信虎)の落とせなかった城を三百の兵で奇襲。見事に大将を討ち取りました。
美瑠姫、可愛かったなぁ。父はあんなごついけど入道だし。
あの子は逃げ延びられるのかしら…。
今日は三条夫人(池脇千鶴)が出てこなかった分、平蔵(佐藤隆太)に癒されました。
ああいう格好が似合うのは、ちょっと意外だったけど。
でもどちらかというとオヤジ好きな私としては、晴信を守る板垣(千葉真一)にやられました。
カッコいい…!トンボの家紋?もなんか似合うし。

あはー、来週も観れるかなぁ。楽しみだなぁ。
[PR]
by kino-m-ss | 2007-02-25 21:49 | I love movies.

初・風林火山。

今年の大河ドラマ、「風林火山」。
第7回目の今日、初めて見ました。新撰組と功名が辻の前半辺りまでは半大河マニアみたいな感じだったのにねぇ…。
19時40分頃に「あっ、今日日曜じゃん」と気づき、テレビをつける。
そもそもテレビをつけるのが何ヶ月ぶりかわからない。
最近ゲームもしてないし…まず確実なのは、今年に入ってからつけたのは初めてだということ。
…明けましておめでとう、テレビ。

で、いつも大河の前にやってる「ダーウィンがきた!」っていう番組を真剣に見る。
象の群れどうしの衝突で、弱った象をライバル群れがリンチしてて、しかも狙われた象は死んじゃって…。
象は繊細な心を持っているとも言われるらしく、お葬式のようなこともしてました。
あぁ、象…。

さて、大河。一応、日本史の基礎知識くらいはあるので、何とか話はわかった。
直前に公式HPで予習したし。
主人公は山本勘助、武田信虎に恋人?を殺された軍師志望の浪人です。
内野聖陽って実はよく知らないんだけど、いいね。武士っぽさが板についているというか。
池脇千鶴が好きです。三条夫人って悲劇のヒロイン的な役どころかなぁ。
真田の食えない男っぷりがいい味だしてます。
上杉謙信=Gacktとか、今川義元=谷原章介とか、言っちゃえば大穴な気もしますが、まだ見てないのでわからない。
だって、『軍神』上杉謙信ですよ?あんな美麗でいいんですか?(公式参照)
ものすごいキラキラしてます。
いやしかし、これはなかなか期待していいのかも知れない。
『義経』再来を恐れていた私にとっては、これは有難い…。
暇があったら引き続き見たい、そう思った次第です。

公式はこちらです。
[PR]
by kino-m-ss | 2007-02-18 21:11 | I love movies.
観てきました、ブレイブストーリー。←公式にリンク貼ったけど、異様に重い。
宮崎アニメ以外のアニメ映画を映画館で見るなんて、ドラビアンナイト以来だ。

公開されたばかりなので、あまり詳しいことは書かないけど。
これから観に行く人だってたくさんいるだろうし。
3回くらい泣きそうになったけど、何故泣きそうになったかを書こうとすると、ネタバレ疑惑が出るし。
友情があって、家族愛があって、冒険とそれに関わる勇気があって。
仲間がいて、敵がいて、それぞれにある善と悪。
どうしようもないような運命と、それを変えたい強い想い。
典型的といえばそうだけど、決してそれだけじゃない物語だと思う。

大泉洋は声優としてやっていけるんじゃないか?
ウエンツは予想外の名演だった。
カッツが好きだ。とても好きだ。男気溢れる強い女性は好きだ。
そのほか何気に知ってる人がたくさん声優として出てきてます。
高橋克実は終わってから気づいた・・・。
有名人や芸能人を声優として起用することには賛否両論あるんだと思うけど、私は別に悪くないんじゃないかと思ったなぁ。
そこまで拘らないってのもあるかも知れないけど。

今時のアニメーションってすごいんだね。
すっかり圧倒されっぱなしだったよ。
主題歌も好きになった。この人たち知らないけど。最初ミスチルかと思ったくらいだし。

予告編で『ゲド戦記』がどんどん気になり始めた。ていうか菅原文太が。
あとは『ウルトラ兄弟』とか?いや観ないと思うけどさ。
ゲド戦記・・・やっぱり気になる。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-07-09 15:24 | I love movies.

魔女の宅急便。

今日、5コマに行こうとして傘をさしつつチャリをこいでいた。
前方から同じような姿勢でチャリをこいでくる人が現れる。
因みにうちの周りは住宅街で、道はうねうねしていて視界も微妙に悪い。
そして前方からきた見知らぬ彼は、傘をさしていて前を見ていない。
あーやべ、ぶつかりそう。いやいや、よけたんだからこっちくんなって。
このままいくとぶつかる・・・かわせるか?掠るくらいに避けられるか?

どーん。

正面衝突。派手にぶつかりました。
しかし直前まで頑張ってよけようとしたお陰なのか、こける、こけない、いやこける、こけたー!的な転び方だったので、大して怪我をすることもなく。
ぶつかってきた相手は「すいませんすいませんすいません」と一生懸命謝ってくれたので、怒る気も失せ、「大丈夫ですよ」と微笑んでそのまま5コマに行きました。
こっそり腰を強打しましたけど、多分無問題。
雨が多くて傘さして移動とか多いと思いますけど、前方にはどうぞご注意を。

今日は昼間に『魔女の宅急便』を観ました。
すごい久しぶりだったー。
キキってあんなに可愛かったっけ。ジジってあんなに憎めない毒舌だったっけ。
そしてウルスラ(絵描きのおねーさん。調べたらこういう名前だったみたい)が好きだ。
前に観た時はこんなふうには思わなかったはず。
まぁ前回見たのは・・・中学生か小学生だろうから、考えることが違うのは当然か。
でも影響されやすいのは変わってない様子。
魔女になりたい、ほうきで飛びたい、むしろデッキブラシでもいいから飛びたい。
あるいは猫になりたい、とか。
宮崎アニメ、何気に好きです。ナウシカに憧れる。未だに。

ブレイブ・ストーリーが気になります。
宮部みゆきの原作を普通に読んでから観るべきか、映画を先に観てしまうべきか。
声の出演で我らが大泉洋ちゃんがいるのも魅力の一つ。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-07-03 19:05 | I love movies.
はい、昨日の間抜けなミスも直したところで。

トリック2、観てきました!
映画好きのくせに、実はこの街に来てから初映画館でした。
予告編が面白そうなのばっかりで、映画欲をものすごいそそられました。
次のねらい目は「ラフ」か「日本沈没」だな。よし。
内容に関しては、これから観る人もいるかと思うので伏せておきます。
あのもじゃもじゃした奴とハム太郎が私の中では大ヒットでした。とだけ。
観た人、話しましょー。
映画館ではばったり鯵ちゃんに会ったり、しかも真後ろで鑑賞したり。びっくりだったね。
んー、面白かった。仲間由紀恵も阿部寛も大好き。
観て損はない、と思いますよ。


そしてJonからもらったメタルスライムを紹介しようと思う。
じゃん。

c0059660_20445842.jpg


ほーらメタルスライムだよ、逃げないよー。
え?これは置物かって?そんなわけないじゃん。
さーて裏返してみようか。
じゃん。


c0059660_20463783.jpg


答え:PS2のコントローラ。
初めて見たぜい。しかもメタルスライム。メタル。
次からはこいつとともにゲームしたいと思います。Jonくんありがとう。

追記。
先日の日記に書いた、□遅⇔□速の答えがわかりました。
巧遅⇔拙速。
意味は読んで字のとおり。こんな言葉初めて知ったがな。知らんがな。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-06-26 20:49 | I love movies.

ジョゼと虎と魚たち。

ほい映画。
深夜に観るのが好き。
だから、次の日の授業が午後からの木曜と日曜、あとは予定のない土曜は映画デーなの。
最近は夜明けが早くて欝になるけどね。

c0059660_727617.jpgジョゼと虎と魚たち。
結構色んな人たちが、好きな映画という項目に挙げてたりするので、気になってた。
またもや妻夫木くんです。そして池脇千鶴です。上野樹里も出てきます。
そして妻夫木くんはまた犬と共演しています。犬似合うなぁ。
音楽はくるりだそうで。良かったよ。

キスシーン大量でしかも長いので、友だちとか家族と観ると、微妙な雰囲気になれるかも。
いやそんなもの気にしなきゃいいだけの話ですけどね。

個人的にはかなり好きなタイプの映画。
終わり方も好みだ。
「うち好きや。あんたもあんたのすることも好きや。」いい台詞だ。
そんなわけで以下感想は下へ。

続き。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-05-26 07:53 | I love movies.

さよなら、クロ。

今日は昼過ぎに起きました。
気分転換にアネカワ(ローカルだなー)までチャリを飛ばしました。
上り坂でヘタりました。運動不足。ジョギングとかしようかな。
適当にうろうろして、ちょこっと買い物して、ミスドでアップルパイ買って。

昨日の記事は、言いすぎと思う人もいるかも知れないし、ぶっちゃけ過ぎた感じは自分でもするけど、反省材料として、反面教師として、戒めとして、あえて手を加えずに残しておこうと思います。

さて、映画です。c0059660_2524348.jpg
『さよなら、クロ~世界一幸せな犬の物語~』。
動物モノにとことん弱い私としては、涙必須なのが観る前から予想されていたわけですが。
あーいやいや、参りました。
詳細は後ほど。
主演は妻夫木聡。最近好きな俳優になりつつあります。
でも田辺誠一の方が好みです。
獣医さんが出てくるよ。
主題歌は財津和夫の『青春の影』。
懐メロ好きなので、「あ、これは!」ってすぐわかったけど、別に懐メロに詳しくなくとも、一度は聞いたことのある曲だと思うよ。

因みにこの映画、実話に基づいて作られています。
犬好き・動物好き・犬飼ったことある人には是非観てもらいたいなぁ。
観ながら思い出したのは、犬の十戒
作者不明らしいですが、これだけでも十分に私の涙の材料になります。
てことで以下感想。

続き。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-05-22 02:50 | I love movies.

化粧師。

というタイトルの邦画を観ました。
c0059660_2283275.jpg読み方は『けわいし』。
読んで字の如く、(主に女性に)化粧をすることを職業にしている人を指します。
現在では舞台化粧なんかをする顔師という職業に移り変わってるのかな。
主演は椎名桔平。わたくし渋好みですから。大好きです勿論。
その他、菅野美穂・池脇千鶴・柴咲コウ・田中邦衛など豪華絢爛です。
公開が平成14年2月。
ちょうど高校生の頃、偶然見かけたフライヤーの椎名桔平に惹かれて、暫く持ち歩いてました。
観には行けなかったんだけどね。
そして念願叶ってやっと観れたというわけです。

時代は大正初期。和と洋の入り混じる町並み、そして人。こういうの好きだ。
エロではなくてエロチシズムを感じられる作品でした。
それに画が綺麗。

名言挙げるとすれば『女はみんな女優なの』ですかね。

ネタバレ含みそうなので、以下は隠しておきます。
観た方、あるいは観る予定の全くない方のみどうぞ。

続き。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-05-20 02:55 | I love movies.

ローレライ。

やっと観た、映画『ローレライ』。
洋画の戦争モノの映画はあまり好きじゃないんだけど(理由:うるさいから)邦画は嫌いじゃない。
その前に予告編で気になった映画を。
『オペラ座の怪人』。
間違って今、愛人にしちゃった・・・それはそれでいいロマンスものが出来そうだけどさ。
やっぱあの曲いいな。「でっでっでっでっでーん♪」ってやつ。わかるかこれで。
『星になった少年』。
これは絶対観てやる。音楽は坂本龍一なんだね。
『春の雪』。
三島由紀夫原作。悲恋にはとことん弱いです。

さて、ローレライ。c0059660_5514162.jpg
原作は福井晴敏『終戦のローレライ』。
珍しく原作読んでません。気合が足りなかったらしい。
主題歌はモーツァルトの子守唄。しみます。
公式HPではエンドレスで流れてくれます。私はこれだけで泣けそうだ。

キャストに役所広司、柳葉敏郎、石黒賢、橋爪功、堤真一などなど、渋好みの私にとっては嬉しすぎ。
若手ももちろん、妻夫木聡、佐藤隆太、香椎由宇と最近の注目どころ満載。

子守唄も含めて、最初から最後まで音楽がとてもいいのです。
サントラCD出てるみたいなので、聴いてみたいなぁ。

ちなみにローレライの語源。http://homepage2.nifty.com/lorelei/から引用。

ローレライ(ドイツ語)とは、ライン川中流の右岸にそびえる巨岩及びその岩上に憩う妖女の伝説の総称です。
妖女の美しき歌声を聴いた船乗りたちは、たちまちのうちに海に沈んでしまったと言い伝えられております。
又、ハイネ(ドイツの詩人・評論家・1797~1856)の詩にジルヒャー(1789~1860)が作曲した楽曲「ローレライ」が有名。


そういえば昔、外国童話の本で読んだことがある。

以下ネタバレやら何やら含みそうなので、読みたい方だけクリックしておくんなまし。
あやとりしてるギバちゃんに萌えました。はいすいません。

つづき
[PR]
by kino-m-ss | 2006-05-07 05:52 | I love movies.