社会人2年生(♀)のゆるいかも知れない日々。仕事・音楽・吹奏楽・読書・映画・ゲーム・料理・大河ドラマとかそのへん。たまに恋バナとか。嘘。


by kino-m-ss
カレンダー

<   2006年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ショッキング・ブルー。

「ヴィーナス」を歌っていた彼らではなくてですね。

昨日はじゃーの家で学年飲み。ていうか成績発表前夜祭。
久しぶりに開催でしたね。
ちーちゃんの手料理と缶チューハイ、あとスキージャンプでお楽しみ。

なのになーのにー。
M井先生とH毛先生にちょっぴり裏切られた感を否めない…。
とれると思った単位を数個失い、相変わらずボーダーライン上にいます。
卒業・・・したい。しなきゃ。
これからシラバス(一般教育のw)とにらめっこします。
もうゲーリーの集中講義を信頼した上で履修計画立ててますが、大丈夫か?
後輩の皆様、一般教育の教室に私がいても笑わないで下さい。
いや笑ってもいいので、せめて蔑まないで下さい。お願いします。
今期こそは真面目に授業に出ます。ある意味命がかかってますから。
しかし4年にもなって1コマが週に2回とは…ちぇー。
あーがんばろ。冬の集中講義はアテにしない方針で。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-09-29 18:11 | And love others.
体調不良真っ盛りです。寒いせいか?
たまには真面目な話題を提供いたします。はい。

ニュースでやってたので、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。
今から28年前、東京で小学校教師(女性)が殺害されました。
遺体も見つからず、犯人もわからず、恐らくは迷宮入りとされていたのでしょう。
そして2年前、その事件の犯人と名乗る男が警察署に出頭してきました。
彼の家の床下を掘り返すと、ビニールに包まれた被害者とその遺品が見つかりました。
犯人は、区画整理のため自宅が取り壊されることになり、その際に遺体が発見されることを恐れ、自ら出頭したとのこと。
しかしそれまで26年間もの間、自分が殺した死体の真上で、のうのうと暮らしていたのです。

にも関わらず、犯人は逮捕されません。何故か。
時効だからです。
刑法199条によれば「人を殺した者は、死刑又は無期若しくは三年以上の懲役に処する。」となっています。
しかし同法32条は以下のように時効を規定しています。
「二 無期の懲役又は禁錮については二十年」(一部抜粋)
つまり刑法上、二十年間その刑罰の執行を受けなかった場合、時効が完成してしまうのです。

また、ひとつの事件には、刑事側の側面と民事側の側面があります。
(加えて行政側の側面がある場合もありますが、今は無関係なので省略)
では民事訴訟でもどうにもならないのか?
民法709条「故意又ハ過失ニ因リテ他人ノ権利ヲ侵害シタル者ハ之ニ因リテ生シタル損害ヲ賠償スル責ニ任ス」
つまり、わざとだろうとわざとじゃなかろうと、他人の権利を侵した場合は、相応の損害賠償を求められるということですね。
これを不法行為と呼びます。
しかし民法にも時効が存在しています。
724条「不法行為ニ因ル損害賠償ノ請求権ハ・・・不法行為ノ時ヨリ二十年ヲ経過シタルトキ消滅ス」(一部抜粋)
ここにも二十年です。

何故、法律には時効が設定されているのか。
被告人(あるいは被告)を不当な地位に貶めないため、と言われています。

さて、被害者の遺族は時効が完成していることを知った上で、犯人を訴えました。
民事訴訟、損害賠償請求額は1億8600万円だったと記憶しています。
遺族側の言うことには「現代の法治国家において、殺人者がなんの咎めもなく生きながらえるのは納得がいかない」と。
それはそうだ。やりきれない気持ちもわかります。
しかし、時効という取り決めがそれぞれの法律に存在し、成立している。
法治国家だからこそ、成立した時効をひっくり返すようなことはないのではないか、私はそう思っていました。
一度このように時効の完成を無視してしまうと、次に似たような事態が起きた場合に、法律と前例との間に格差が生じ、判決が揺れてしまう可能性を秘めているからです。

昨日、第一審の判決が出ました。
被告人は330万円の損害賠償を払うように命じられる結果となりました。
時効が認められなかったのか?いいえ、時効はやはり時効でした。
しかし、殺人という不法行為の時効は完成していても、死体遺棄及び事実隠蔽という不法行為は出頭するその時までずっと続いていたとされたのです。
だからその行為に相当する分だけ、損害賠償が認められたのですね。
なるほどなぁ。
原告側(遺族側)は控訴する方針だそうなので、こっそり気にしてみようと思っています。

なんか文章にしてみたらわかりにくいや…。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-09-27 19:06 | And love others.

ミイラになっちまえ。

タイトル意味ナッシング。
今日から集中講義開始。いよいよラストデイズです。
先生、よくしゃべるし聞き取りやすいけど、中身がねーよ。脱線しすぎだよ。
1日目で既に、予定に遅れが生じ始めているってのはどうだ。

chappieから拝借、音楽マルバツバトン♪

※ルール※
・やったことのある楽器は○を、無い楽器は×をつける。
・遊びでやったとかもOK。
・打楽器もアリ。吹奏楽以外のいろんな楽器もOK。
・最後に楽器をひとつ付け足す。
・5人に回す。
・やる時には必ずルールを貼る。


◆ピアノ ○ 習ったことはない。簡単な合唱の伴奏くらいならば。

◆トランペット ○ 高校の頃はよく吹かせてもらってた。が、チューニング音出せず。

◆バスドラ × ないと思う。

◆エレクトーン ○ 習ってました。ピアノでなくこれを選択したのは、機械に憧れたから。

◆ファゴット × あれ…隣にいるのに吹いたことないや。

◆エレキギター × そうね、アコギならあるよ。

◆トロンボーン ○ たまに借りてはスライドで遊んでた。

◆バリトンサックス ○ 音はなるけど、全部上にひっくり返るのは何故だろう。

◆ベース ○ まさに遊びで。

◆スネアドラム ○ 小学校の鼓笛隊のドラムマーチ、懐かしい。勝手に叩いてた。

◆アルトサックス ○ んまあ一応。吹きにくい印象が強い。

◆チューバ ○ なんか内臓ごと吸われるかと思った。

◆チェロ × 弦楽器の中でいちばんやってみたい。

◆ヴィオラ × 最近よく、ヴィオラらしきケースを背負った人を見ます。

◆ホルン ○ トランペットと同じくらい吹けないけど。つば抜きが楽しい。

◆クラリネット ○ 微妙なところ。人生における総演奏時間はTpとかの方が長いと思う。

◆ピッコロ × 怖くて触れられない…。

◆フルート ○ 構えるだけで優雅な気分になれる(かも知れない。

◆バリトン × ユーフォとは別物なのか?

◆ユーフォニウム ○ 音階吹こうとすると、途中で戻る。

◆バイオリン × 一時期憧れたものだが、触れる機会もない。

◆コントラバス ○ 筋がいいと褒められたことはあるが。

◆テナーサックス ○ サックスの中でいちばんマシな音が出ます。私はね。

◆オーボエ ○ 乾ききった砂漠を彷彿とさせる音しか鳴りません。

◆グロッケン ○ 鍵盤楽器好きー。

◆アルトホルン × 触ったことない。

◆シロフォン ○ よく遊んだものだ。

◆バスクラ ○ いまだに下手っくそですよー。出会いから7年もたつのか。

◆コルネット × ないな。

◆フリューゲルホルン × これもないな。

◆ビブラフォン × なんか意外とないかもしれん。

◆ティンパニ × 楽器運び以外では恐れ多くて触れません。

◆タンバリン ○ 懐かしの夏祭り。あとはカラオケとか。

◆オカリナ × やってみたいんだよなぁ。

◆ドラム ○ 色々指南してもらったが、あんなにいっぱい叩けないよ…。

◆ベルリラ ○ 小学校の鼓笛隊。

◆すず ○ 小学校低学年の頃の学芸会とかかね。

◆バスリコーダー ○ 身近にあったもんだから。中学時代。

◆シンセサイザー ○ きりんじゃー。

◆筝 × 実家に大正琴ならあるけど。

◆トライアングル ○ 小学校ならあるかもしれんね。

◆コールアングレ × ごめん、なんのことだこれは。

◆ビブラスラップ ○ びよんびよんして遊んだ。

追加:ソプラニーノリコーダー ○ 中学時代にかじっただけ。


まわす人は特に指定しないので、適当にやりたい人が持っていっておくれ。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-09-26 18:09 | We love baton.
さてさて。昨日をざっとまとめましょう。

11:00 岩クス集合。なぜか半分しかいないw
      目的地を考えながら暫し待つ。
      レンタカーがなかったため、じゃーだけ駅前へ。他は某レンタルショップへ。
12:15 くらい。CDをチョイスし、ムシキングを眺めていると、じゃーがヴィッツで登場。
      乗り込む。目的地は岩手3大鍾乳洞めぐりに決定。
13:20 岩洞湖レストハウス到着。この湖、不思議な形だよね。
      昼食を食べる。ワカサギの放流は「○○粒」と数えるらしい。
      それ卵じゃね?卵のまま放流って、むしろ放置じゃないの?など。
15:15 くらい?竜泉洞到着。観光バスがいっぱい。観光客もいっぱい。
      私は2回目だったけど、やっぱりすごいわー。素敵だわー。
      お地蔵様にまじめに頭を下げたり、ビーナスや議事堂に文句をつけたり。
      しかし地底湖にはある意味夢中。ほんっと綺麗だった。
      洞内気温、13度くらい。水は9度くらいらしい。
      復路をわざわざ遠回りして、階段をがしがし登り、いちばん高い所まで行く。
      コウモリを見ること、数回。
16:10 今度はあさみょんの運転で、安家洞に向かう。
      詳しくは言わないが、スリルドライブ。
16:30 安家洞到着。 
      本来の閉館時間を少し回っていたにも関わらず、入れてくれたおばちゃんに感謝。
      こちらは日本最長の鍾乳洞だそうだ。
      竜泉洞に比べればだいぶ寂れてるけど、冒険気分はこっちが上。
      ヘルメット貸してくれます。つかヘルメットがなかったらじゃーはきっと血まみれ。
      「校長先生の泣き所」という名の岩があります。どういう意味だ?
17:15 安家洞出発。宮古に向かうことに。
      このへんで人名しりとり開始。「ら」「け」「り」あたりは鬼門。
時刻不明 海だー!海じゃー!でも暗くてよく見えない。
       宮古市内のレストランでごはん。
20:00 くらい。宮古出発。もはやカーナビは半分無視。
      夜道でライト消してみたり、100キロオーバーしてみたり(全部じゃーの仕業
      途中寝ててごめんよ。
22:00 過ぎ。無事たどりつく。
      最後の最後にじゃーはクラクションを無駄吠えさせる。

もうひとつの鍾乳洞、滝観洞はちょっと遠かったため、あきらめた。
今度は男鹿半島で日本海を見にいくらしいです。
ドライバー3人様、おつかれ。楽しかったね。
成績発表前夜祭の復刻を心に誓い、アダルトツアーは終わりました。
幸い今日になっても筋肉痛が出てないのが救い。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-09-25 15:44 | And love others.
c0059660_20355120.jpg

始まりは今日。
日付が変わったばかりの夜中、あさみょんからのメール。
要は、二年生や三年生たちが、行き当たりばったりだったりどうでしょう的だったりな面白旅を企画・実行しているのが羨ましい?のでうちらもやろうぜ、とね。
当日勧誘・当日実行。
目的地不明。
そんな状況下、集まったのは言い出しっぺのあさみょん&ちーちゃん、そしてジョンと私。
謎の4人旅は、どこに行くか決める所から始まりました。
ヒントは写真。まるわかり。
そして次にしたことは、道中のBGMを選びに行くこと。
結果的に懐かしのフォークソングと、耳をすませばのサントラとスカパラで進むこととなります。
さて、続きは明日。
だってまだ帰路中だもの。
ジョンが頑張って運転してるもの。
いっぱい歩いたから眠い。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-09-24 20:35 | And love others.

樟脳の香りと遮蔽物。

やっと衣替えしました。
「まだ行ける」「もうちょっと」と堪えていたものの、限界が来たので。
昼間は割と暖かいですが、朝夜の冷え込みは笑えないほどです。
手袋はこうかと思ったもん。
とりあえず秋物に転換。若干買い足したいけど…。お金ないしなぁ。
近いうちに古着屋でジャケットを漁りたいと思います。

さて、いつぞやも書いた、ロストオンラインというゲームのオープンβが始まりました。
β期間中とは言え、なかなかの人出だった模様です。
舞台は日本。ていうか東京?スタート地点は確か浅草とかそのへん。
ふとみた看板がアイフ○で噴きました。
ゾンビがいっぱい出てきます。与えられる武器は鉄パイプとか銃とか。
火炎放射器もあるらしいよ。
ゾンビをなぎ倒しながら進むと、警察がいます。彼らは武器を売ってくれます。
わかったでしょうか。かなりおかしなゲームです。色々おかしいです。
でも予想をはるかに越えて、爽快です。

並行してやっているRedStoneや他のMMOでは、他人が倒そうとしているモンスターに横から手を出すことを横殴りといい、嫌われる行為のひとつ。
でもロストは違った…横殴りどころか袋叩きだしw
そのうちローカルルールの設定でもされそうなくらい。

よっぽど暇な人はやってみてもいいかもね。
あ、グラフィックには全く期待しないでね。特に3D系に慣れてる人。
例えるならスーファミ~PS初期くらいのグラを、劣化させた感じ。

「厚焼きソフト」というパンを食べ始めたら、半分で胸焼けしました。
なんか弱化してる気がする今日この頃。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-09-23 17:00 | I love games.
我がサークルではきりんさんの時期到来ですね。
最近はふれコンやら訪演やらで現役の皆様はご多忙の様子。
投げやりになることなく、この山を越えてください。
ところで今年のきりんさんはいつですか?すっかりアウェーの私には情報が来ません。
実家から届いた法事のご案内の葉書が、嫌なオーラを出しています。
かぶってる気がするなぁ。聞きに行きたかったなぁ。(←すっかりアウェー
むしろ出たいとも思ってたけど、無茶だと気づいた。
だってサークル顔出してないもーん('A`)
4年生の立場の微妙さを、急に思い知った秋であります。
いや、微妙に成らしめているのは自分自身なのかも知れないがね。

この前、カレーを食べに行きました。
札幌発(だと思う)、この街にも進出してきたバ○カリー。
実は初スープカレーでした。おいしかったー。
お店はなかなかにお洒落で、店員さんもよさげです。
しかし辛いものが苦手な私は、どのカレー屋に行っても、いちばん甘いカレーしか食べられません。
メニューにめっちゃ「お子様向けです」と書いてあっても頼みます。
カレーは好き。「甘口なんてカレーじゃないよ」と言われてもなお。
リ○ルスプーンのごとく、具を自分で選べたりするの、大好き。
豚しゃぶは美味でした。是非おためしあれ。

今日もまたいい天気。暑いくらいだ。
でも空は高くて、いい風が吹いて、葉の色も変わり始めて、秋の気配。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-09-22 13:01 | And love others.

私の心は荒れ模様。

こーんなにいい天気なのにね。

単純なのか 複雑なのか
大人なのか 子供なのか
本気なのか 冗談なのか

そんな言い訳はともかく、言っていい事と悪い事があるのは確かだ。
たとえ冗談であろうと、言葉は刺さる。

あー、こんなにいい天気なのに、何やってんだか。

そういえば去年の今頃は、訪演ラッシュでしたね。
20日、22日とF村・O村に行ったっけね。確か。日付の記憶は大方合ってるだろう。
遠くて大変だったけど、楽しかったなぁ。楽器吹きたい。

もういいや、不貞寝してしまえ。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-09-20 13:16 | And love others.

ぐだぐだがお好き。

でもぐだぐだしてるうちに一日を棒にふりそうになると、ちょっとしょんぼりします。

今までやってたネトゲに少々飽きがきたので、新しいものに着手しようとしたのですが。
そこそこよさげなのを探しだして、インストールしたのですが。
やっぱり3Dはダメだ。酔うね。
操作性がイマイチな上に、人がいなさすぎでMMOな感じがしないとか。
でもネトゲに出す金はないので、これからも無料の良ゲーを探して彷徨うのでしょう。
とりあえず22日からオープンβ開始の某ゲームに期待しておこう。

ついでに幻想水滸伝熱も再発しそうな気配を見せています。
きっと近いうちにⅤの3周目に手をつけることでしょう。
珍しくドラクエとかもやってみたい。私の記憶はⅠとⅡで止まってるからw
FFは…もういいや。

内定式が終わったら、髪を切ろうと思います。
少し伸ばそうとも思ってるので、長さはあまり変えずに、量を減らす。
こうでもしないと、どんどん増量して手がつけられなくなって、美容師さんに怒られるので。
ついでに久しぶりに染めようかな。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-09-19 20:05 | I love games.
何となく、高校の頃に使っていた国語便覧を捲っていたら、この詩にひかれました。
近現代名詩選に載ってた、『ぼろぼろな駝鳥』高村光太郎。
動物園の動物たちって、どんなこと考えてるんでしょうね。

台風で九州方面が大変なことになっているようです。
大丈夫ですか?無事ですか?>九州在住の方々
十数万世帯が停電、鉄砲水、史上稀にみる強風、電車の脱線。
どうかお気をつけて。

久しぶりに一人で深夜のゲオに行きました。
本を二冊。
『終末のフール』伊坂幸太郎。『天使の骨』中山可穂。
伊坂さんの方は言わずもがな、大好きです。今回も期待。
中山さんの書く話は、きれいでエロティックでちょっと重いけど好き。


「寂しくなんかないから、心配しないで行ってらっしゃい」とは言えない。
「寂しいけどちゃんと待ってるから、行ってらっしゃい」としか言えない。
前者に見えるのは強がり、後者に見えるのは押し付けがましさ。
待つことは寂しい。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-09-18 01:55 | I love books.