社会人2年生(♀)のゆるいかも知れない日々。仕事・音楽・吹奏楽・読書・映画・ゲーム・料理・大河ドラマとかそのへん。たまに恋バナとか。嘘。


by kino-m-ss
カレンダー

<   2006年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

さーて、今年ももう終わります。
ほーんと、いろいろありました。
就活に命かけたり、酒に弱くなったり、大雨で帰省から帰れなくなったり、まあとにかく色々。
来年はいったい何が起こるでしょう。どんな年になるのでしょう。
私にとって来年は、生活環境も社会的立場も、大きく変わる年になる予定。
楽しみなような、不安なような、複雑な気分です。
あー、来年の目標とか決めなきゃだめかしら。むうー。

とりあえず今日は、テレビで『THE有頂天ホテル』見るのを楽しみにしてます。
今、家に一人。そして今日の残りはまるまる一人。
家族は札幌へと出かけてゆきました。置いてきぼり。自ら志願した留守番。

年末年始は地上波の映画が充実してて大いに楽しいです。
ばっと挙げるだけでも
30日『ザ・メキシカン』『THE有頂天ホテル』『バッファロー’66』『シザーハンズ』
31日『パール・ハーバー』『アンダーカバー・ブラザー』
1日『オータム・イン・ニューヨーク』『ラブ・アクチュアリー』『コレリ大尉のマンドリン』
2日『8mile』『コールドマウンテン』
3日『サヨナラCOLOR』『コンバッション』『マーズ・アタック!』
4日『ミリオンダラー・ベイビー』『マルコヴィッチの穴』
5日『交渉人 真下正義』

暇な時間は映画。寝正月になりそうで(つまり太りそうで)イヤですね。

明日は更新できないかも知れないので、今のうちにごあいさつ。
今年は皆様にお世話になりつつ、何とか1年を過ごしきることができました。
来年も何かとお手間をかけることがあるかとも思いますが、どうぞよろしくお願い致します。
このブログも出来うる限り続けていきたいと考えています。
何卒ご愛顧のほど、よろしくお願い申しあげます。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-12-30 19:02 | And love others.

混ぜるとどうなるか。

答え:危険。

昨日は北東北の3大学の吹奏楽部が集まって、合奏会。
企画してくれたご三方に感謝。大変よい経験になりました。
兎に角金管のパワーに押しつぶされそうな必死な木管を支えようと頑張ったけれども、しかし無理だった、と。
仲良くなれた!とは言いがたいですけど(だって両隣ともうちの大学だったしw)、楽しかったなぁ。
これが発端となって、合同で演奏会とか出来たら面白いけどね。
さすがに無理かな。ちょっと遠すぎるもんね。

さて、明日から帰省します。といっても明日の19時までは本島wにいます。
六日の午前中にはこちらにまた舞い戻ってまいりますので、遊びのお誘い等待ってますw
[PR]
by kino-m-ss | 2006-12-28 19:04 | I love BassClarinet.
さて、第50回定期演奏会が幕を閉じました。
これでしばらく、ステージとはおさらばです。演奏会という目的ではね。
そんな学生最後の演奏、あのメンバーと一緒にやれてよかった。
あの曲で終われたのもとても嬉しい。
出させてくれてありがとう。
ブランクもあって、しかも元々上手くもなくて、音量要員にも技術要員にも全然なれない私を、出演させてくれてありがとう。
やりがいありました。『祭』が今まで以上に好きになりました。
そしてアンコールでやった『カヴァレリア』。自己満足かも知れないけれど、なんだかちょっとだけ泣きそうになりました。
すごく楽しかったよ。ありがとう。
そして3年生の皆さん、今までお疲れ様。本当に本当に、お疲れ様。

自分がいざ吹く時には相変わらず緊張しないけど、袖で1部の3曲目のために待機している時に実はめちゃめちゃ緊張しました。
あと、楽屋で3部を見ていたら、塩ビパイプ集団が増えててびっくりしましたw
やっぱりDVDも買えばよかったかも…。

ミクシィの日記は眠いときに書いたおかげで支離滅裂だったので、こっちに清書。
いやこれもまとまってないけどさー。


いわゆるイヴという日の夜は、某自然食バイキングで体に優しいはずのメニューを大量摂取しました。
おいしかったけど、食べすぎました。

27日に企画されている、北東北3大学合奏会で使う楽譜を、今日になってやっと受け取りに行ってきました。
…ベルキスがやばいです。曲はなんとなく知ってるけど、1楽章にsolo表示が4回あります。
幸いなことに、後ろの3回はカットするそうなのですが、冒頭に1回は確実に…。
バスクラにソロがあるなんて知らなかったよー。
しかも10連符なんてこの楽器始めてから見たことなかったよー。
そしてうちにあった音源のカットがよくわからない。あれー。
初見で吹ける気がしないので、明日にでも自主練に行ってきます。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-12-25 22:52 | I love BassClarinet.

星空に祈りを。

さて。明日はいよいよ定演です。

大事な後輩たちが引退する演奏会です。
彼ら・彼女らが悔いを残さず、そして楽しく気持ちよく吹けるように願います。
願わくば、演奏会の成功を。願わくば、彼ら・彼女らに祝福を。

私にとっても大学生活最後の舞台。
次に演奏会という目的でステージに上がれるのは、いつになる事やら。

さ、準備して早めに寝るぞ。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-12-22 22:35 | I love BassClarinet.

やっぱり本屋。

本屋は落ち着きます。
これだけ本が好きならやっぱり本屋に就職すべきだったかも…今更。
いや、後悔はしてません。

市内に出来た新しい本屋さんに行ってきました。
上下2フロア。品揃えは市内いちばんだと思います。ダントツだべ。
ここにない本なんてないんじゃないかと疑いたくなります。
これくらいの規模の本屋がいつも近くにあれば、私の充足は相当満たされます。
洋書もあるし写真集もあるし、漫画も馬鹿みたいに沢山あるし。
立ち読みだけで1日つぶせそうなほど。幸せな場所ですな。

外国から来た方向けなのか、日本のジェスチャーを紹介した本がありました。
「おじぎ」とか「はい・いいえ」とか。スーツを着たおじさんが写真で実際にやってくれてます。
「じゃんけんぽん」とかなるほどねーと思ってみていたのですが、
突如現れたのは

「おしりぺんぺん」。

これもおじさんがやっています。
って。これ日常に使うジェスチャーじゃないよ!違うよ!

中盤以降は若干、方向を見失ったかのような一冊でした。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-12-21 17:02 | I love books.
しまったー、放置しすぎでんがな。

先週の土曜日は定演に向けてのゲネプロ。
朝から晩まで、皆さんお疲れ様です。私も疲れました。
何も朝から行かなくてもよかったのではないかと、後から考えてしまうほどに。
暇な時間は読書してました。が、途中で客席の照明が落とされたため、ロビーの椅子でごろごろしながら読書。
気、抜けすぎですね。へへ。
そこまでしても読み終われない『アンナ・カレーニナ』はかなりの大敵です。
読み終われないどころか、まだ上巻です。

日曜日は雪が降る中、うちの大学のオーケストラの定演へ。
何だかよくわからないが、チケットが私の分まであったので。
なかなか良かったです。チューバが大変うまかった。あの人見たことあるんだけどなー。
あとホルン協奏曲ってのは生では初めて聴いた。
ホルンSoloはプロの方だけに絶品。いいもの聴かせてもらいました。

月曜日の朝はうっすら積雪。道路はがっつり凍結。
家の前の急な坂を登るときに、本気で転びそうになりました。
やっぱり冬は、あの坂を通るべきではないと実感。再実感。
↑の週末に我が家の近くのマクド○ルドが改装終わって開店したので行ってみた。
広くなってたよ。あと、喫煙スペースが密封?されてた。

火曜日の今日は、授業中にゲシュタルト崩壊したせいでやる気が失せた。
で、さっき帰ってきた。
夕方くらいから、新しくできた本屋に突撃する予定です。

そう、更新する暇がなかったわけじゃないんだ。
書くことがなかったんだよ…。
定演目前、頑張ろう。引退からもう1年経ったとはねぇ。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-12-19 13:06 | I love BassClarinet.

そうもいかない。

今日は楽器屋行って、ドラッグストア行って、スーパー行って。
途中で雨に降られたのが少々癪ですけど。

人間って近づきすぎるとやっぱり見えるものも見えなくなるんですね。
そして、常に近くにありすぎて、大切さがわからなくなった、らしい。
どんな人間関係においても、距離感てのは大事。

FFⅩクリアしました。泣きました。
そしてⅩ-2に手を出しました。あの悪名高いⅩ-2です。
バトルが早すぎてついていけません。じっくり戦略考える方が得意なのにー。
Ⅹに出てきた人や場所を見られるのはいいけど、クリアできるかどうかはまた別だな、こりゃ。

明日はレッスンですね。そして今週の土曜はゲネプロ。頑張ろう。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-12-13 19:46 | And love others.

ボヴァリー夫人。

まだ序盤しか読んでないんですけどね。
「ボヴァリー夫人」ってタイトルであるからには、主役はボヴァリーさんとこの奥様だと思うわけじゃないですか。それはいい。

最初に出てくるのは11歳くらいのシャルルという少年。彼の苗字はボヴァリー。
そのお父さんとお母さんの描写が結構出てきたので、ああこのお母さんが主役なんだろうと思ったわけです。
しかしあっという間にシャルルは成長し、開業医になりました。
そして年上の女性と結婚しました。ああなんだ、この女の人がボヴァリー夫人か。
と思いきや割とすぐに病死してしまいました、奥さん。あれ?
シャルルは骨折したおじさんを治療しに、ある家に通います。
そしてその家の娘に一目ぼれ。そして再婚。
どうやらこの若い娘が「ボヴァリー夫人」のようです。
ちょっと騙されすぎたね。うん。

そして気づいた。
来週読む予定の「アンナ・カレーニナ」って文庫が上・中・下と3冊あるんですけど。
とりあえず上巻だけ買ってきたけど、読み終われるわけないじゃんよー。
いしいしんじの『東京夜話』を買ってきたけど読む暇ない…悲しい。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-12-10 19:24 | I love books.

野に咲く花のように。

最近、エキサイトブログの設定ページの上の方に、「検索で人気のキーワード」ってのが出るようになったんです。
多分、人気って言うよりはいちばん最近検索されたワードなような気もする。
だってページ更新する度に全然違う言葉になるし。
そして今出てるのが、「龍が如く2」「podcast」そして「野に咲く花のように」。
前二つはわからんでもない。
まあいいや、これだけで色んなもん思い出したし。
この曲と言えば『裸の大将』すなわち山下清。
歌詞とか物凄くうろ覚えだけど、いい曲だよね。手話でもやったことある。

さて、今日は大学生協でノート購入→本屋で買い物。
ノートは楽譜整理のため。
普段はクリアファイルとか、あるいは生で持っててもいいのですが、本番となるとそうはいかないのでね。
万が一譜面台から落っこちたりしたら困るし、譜めくり大変な事もあるし、何よりステージは照明が怖いのです。
クリアファイルは光の加減によって、たまに楽譜が見えなくなることもある…らしいよ。
特にポップスステージなんかで舞台照明を多用する場合は要注意。
てことでA4判のノートに、余白切り取ってぺたぺた。
ローマは譜めくりの関係で、右半分しかないページとか、四楽章の始め3段だけが前のページにあるとか、ちょっと気持ち悪いことになってるけど、まー仕方ない。
表紙も毎度いじってますけど、今回はシンプルです。
あんまり手もかかってません。
去年は派手だったなぁー。一昨年は意味分かんなかったなぁー。

てことで、明日の準備も済んだし、あとは寝坊しないことだけを祈りつつ。
寝ます。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-12-09 02:12 | I love BassClarinet.
二足の草鞋という奴も、なかなか順調だった割には、2日サボりました。
書くことないとどうしようもないもんだからさー。

あえてこっちに書こうと思った話題を。アンコン関連。
さっき、Sax4の某R太君のブログを読みまして。
出場できないことになってから今まで、「仕方ない」とわかっていても、無理に自分を納得させようとしてた、というかそうするしかなかったんだと思う。
でも彼の書いた記事を読んで、やっとちゃんと応援できるような気がしてきた。
いや今更なんですけどね。遅いんですけどね。
やっぱりちゃんと見てるんだな、変な煽りコメントするような奴ばかりじゃないんだな、と。
うちらの分まで頑張って、なんてCl4(=TCE)は言える立場ではないし、そんな重荷を背負わせる気はない。
向こうもそんなつもりはないだろうしねw
でも頑張ってきてほしいなって、口だけじゃなく心から思えた。納得できた。
やっと私の中でのアンコンが終わったようです。

さて、定演に向けて楽譜の整理をしなければ。
ローマはあのままじゃ通せない。
[PR]
by kino-m-ss | 2006-12-06 14:25 | I love BassClarinet.