社会人2年生(♀)のゆるいかも知れない日々。仕事・音楽・吹奏楽・読書・映画・ゲーム・料理・大河ドラマとかそのへん。たまに恋バナとか。嘘。


by kino-m-ss
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

お久しぶりです。今年も年の瀬がせまってまいりました。
と、いうことで。
今年もやってみよう、勝手にブックアワード!
まずは【今年読んだ本リスト】 ですね。

探偵ガリレオ/東野圭吾
ホテル・ニューハンプシャー<上>/J・アーヴィング
ホテル・ニューハンプシャー<下>/J・アーヴィング
クライマーズ・ハイ/横山秀夫
オウエンのために祈りを<上>/J・アーヴィング
オウエンのために祈りを<下>/J・アーヴィング
さまよう刃/東野圭吾
ポーの話/いしいしんじ
永遠の仔<上>/天童荒太
永遠の仔<下>/天童荒太
十歳の戦慄/宇佐美游
裁判長!ここは懲役4年でどうすか/北尾トロ
KYOKOキョウコ/村上龍
兎の眼/灰谷健次郎
魔王/伊坂幸太郎
プラネタリウムのふたご/いしいしんじ
霧笛荘夜話/浅田次郎
限りなく透明に近いブルー/村上龍
怪盗紳士/M・ルブラン
エンキョリレンアイ/小手鞠るい
舞姫 恋愛今昔物語/佐々木丸美
奇巖城/M・ルブラン
クレオパトラの夢/恩田陸
サヨナライツカ/辻仁成
星の国のアリア/ひのまどか
ベルリン飛行指令/佐々木譲
歩兵の本領/浅田次郎
霧のなかの子/トリイ・ヘイデン
赤朽葉家の伝説/桜庭一樹
さよなら妖精/米澤穂信
塩の街/有川浩
少し変わった子あります/森博嗣
模倣犯<上>/宮部みゆき
模倣犯<下>/宮部みゆき(予定)

ずらり34冊。相変わらず減少傾向を覆せません。
9割方は、退職後に読んだ本。しかも図書館で借りたから、手元にはない。
や、だって、お金ないしね?
11月以降の追い上げがものすごいな、と自分でも思います。

さて、今年のベスト本。1冊選べというのは私には無理なので、3冊。
もちろん、今年刊行された本ではなくて、今年私が読んだ本、なので悪しからず。

*塩の街 有川浩
今や図書館戦争シリーズですっかり有名になった作家さんです。
自衛隊もの、と見せかけて、とーっても純愛ものです。あまーーーーいです。
そういう感覚が逆に新鮮だったのかな。この予想外の胸キュンっぷりが人気なのかも。
陸海空3部作は、確実におさえようと思ってます。

*ホテル・ニューハンプシャー J・アーヴィング
本を読む人なら、聞いたことくらいはあるのではないでしょうか?
私もタイトルと作者しか知りませんでしたが、とある先輩の勧めで手にとりました。
ジャンルをうまく定められない作品のひとつです、私にとっては。
青春・家族・恋愛などなど、一種の大河ドラマ的な小説ではないかと思っております。

*赤朽葉家の伝説 桜庭一樹
今年の「このミス」第二位でした。「私の男」はまだ未読です。
女3代の主人公をとおしてみる、時代の変遷、人の変遷の物語、でしょうか。
うまく言えないけれども、面白かったのは間違いないです。
他の作品もぜひ読んでみたい、と思わせる作家さんは、やはりすごいのだと思います。

以上。
某SNSに書いた日記よりは、少し詳細まで書いてみた。
面白いと思える本に出会える幸せというのは、どこまでもいつまでも続くのでしょう。
その当事者になりたいという夢は、今もあるけれども、かなえるには時間がかかりそうです。
10年以上も心のどこかでは、同じ夢を見ているなんて、何だか一途ですが。

さて、これで今年の更新は終わりになりそうです。
2005年2月にこのブログを開設してから、もうすぐ4年が経ちます。
ニート(笑)になったのを機に、ここ最近(といっても2年近く)の月1以下の更新状況を打破しようかな、と思ってます。
つまり、このブログをもう少し活性化させようかな、と。
まああくまで目標、どうなるかは誰にもわかりません。無責任ですけどw

それでは、また来年。読んで下さる方々、いつもありがとうございました。
どうぞよいお年をお過ごし下さいませ。
[PR]
by kino-m-ss | 2008-12-28 17:32 | I love books.